Google

2006年10月05日

品種 北部ハイブッシュブルーベリー

北部ハイブッシュブルーベリー Northern Highbush blueberry

栽培適地はリンゴが栽培できる地域で、冷涼な地域が適しています。

低温要求時間は800〜1200時間必要。

ラビットアイに比べ耐寒性は強いですが、より酸性が強く水はけの良い土壌を好み、かなり土壌を選ぶ為、地植えは難しい傾向にあります。
成木でもラビットアイより小さく2メートル程度のようで、その分ラビットアイより収量は少ないですが、本数が多く植えられる為、単位面積あたりではあまり変わらないようです。

果実の収穫期は関西では、6月から7月頃になります。良く大粒種が多く皮も薄く、種もほとんど気になりません。
香りが良く甘み、酸味にバランスが取れており比較的早採りしても美味しく食べられます。

遺伝学的には、四倍体で六倍体のラビットアイとは基本的に交配しないと言われています。

posted by TOMO at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーベリーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24946025

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。