Google

2006年10月14日

栽培用土

さてブルーベリーを買ってきたら、鉢あるいは地植えに植え替えします。

基礎でも触れましたが、ブルーベリーは酸性土を好む植物である事を忘れてはなりません。
酸性を好む植物は雑草は別にして、少ないようです。
野菜や果樹などでも、中性からややアルカリを好む為、土に石灰などを混ぜますね。
一般に売られている花や野菜の土も石灰などで調整してあります。

ブルーベリーの好むPHはラビットアイでPH4.3〜5.3程度、ハイブッシュでPH4.3〜4.8程度といわれています。
そしてブルーベリーは細根性の根を持つ為、有機物を10%程度含む、排水性の良い土が必要です。
その為、ブルーベリーには、ピートモスが用いられます。
ピートモスは、水草が堆積して出来た物でPHが低い為、ブルーベリーには最適です。

良く使われるのは、ピートモス7:鹿沼土3の配合ですが、水はけを良くするために5:5位でも良いようです。
このピートモスですが、強い酸性である為に中には中性に調整している物が有りますので、未調整の物を使う事。

間違っても花や野菜の土、腐葉土は使わないようにしましょう。
知らずに植えて枯れたり、成長しないどころか毎年小さく成って行きます。
ブルーベリーを植えたがすぐに枯れてしまったと言うのは、ピートモスを使わなかったからです。

地植えの場合、直径80cm位、深さ40〜50cmの穴を掘り少なくとも50〜80L位のピートモスを混ぜます。
排水性の良い土を好む為、粘土質の土壌の場合は土壌の改良が必要です。
このような土壌の場合は、盛り土をして排水性を確保しましょう。

ブルーベリーが良く店頭に並ぶようになったため、ブルーベリー専用に調整された用土も売られるようになりました。
プロトリーフブルーベリーの土 14リットル

初めてで心配ならこのような専用土を使うと良いでしょう。
posted by TOMO at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25478603

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。