Google

2006年10月16日

植え替え

ブルーベリー、鉢、用土の準備が出来たらいよいよ植え替えです。

まず用土を用意します。
専用の用土を使うならそのままで植えれば良いのですが、乾燥しているピートモスを使う場合、前もって水を含ませないとあとから水をかけてもはじいてしまいます。
バケツなどにピートモスをほぐして入れて、水を入れながら手でこねて、しっかり水を含ませます。
そして鹿沼土やパーライトなどを混ぜ合わせておきます。

苗はほとんどの場合、ビニールポットで売られています。
まずビニールポットから抜きます。
ほとんどの場合ピートモスメインの用土で栽培されていますが、稀に赤玉土などで栽培されていることがあります。
小さなポットで栽培されているので、根鉢がしっかり形成されていると思います。
この根鉢を崩さず植えると根腐れを起こす事が多いので、底と側面を竹串等で表面をほぐして用意した用土に植えます。

もし元の用土に土が使われているときは、しばらくポットから抜いて水の中に浸けて置き、柔らかくなった所で、水圧を利用して土をあらかた落とします。
土が落ちたら用意した用土で植えます。

この時、あまりギュウギュウに詰めないで、一度水をかけて用土が下がったら又下がった分だけ足します。

植え替えが終わったら、鉢の表面にマルチングをします。

地植えの場合も基本的に同じですが、ピートモスと土を良く混ぜ合わせて、根の周りはピートモスで包むように植えます。
先にも触れましたが、ピートモスを必ず混ぜる事、それをしないとまず満足に育ちません。
地植えの場合も植え終わったらたっぷりチップなどでマルチングします。

マルチングの重要性は次の項で説明します。
posted by TOMO at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 栽培しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブルーベリーの栽培について書かれてるので、
参考にしてます。
あと、余計なおせっかいですが、姉妹サイトさんへのリンクが上手くつながってない気がするのですが。
Posted by 通りすがり at 2006年10月18日 17:49
通りすがり さん、ありがとうございます。
リンク切れのご指摘、気づきませんでした。
ありがとうございました。
本文などでも、間違っていると思われたら、どしどしご指摘ください。
これからもよろしくお願いします。
Posted by at 2006年10月18日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。