Google

2007年03月23日

花芽の展開が始まる。

3月に入り二月より寒い日が続きましたが、ようやく暖かくなって来ました。

二月の暖かさで、開花が大幅に早くなるのではと思われましたが、3月になってからの寒波で、花芽の展開が止まり何とか大幅な早咲きは免れたようです。

家ではオニールが一部開花しましたが、ここに来てラビットアイの花芽が展開を始めました。

ラビットアイは開花が早いのですが、実の成熟は遅く、少し遅目のハイブッシュの方が、先に成熟します。

ブルーベリーの花は関西では4月でほぼ終わり、6月初旬にはハイブッシュの早生種の収穫が始まり、7月で終わります。

ラビットアイは7月から収穫が始まり、8月に最盛期を迎えます。

ハイブッシュの早生種からラビットアイの晩成種まで揃えると、6月から9月まで4ヵ月弱収穫出来ます。


そろそろ店先にたくさんの苗が出回る時期になってきました。
この当たりの事を考えて品種を揃えると長く収穫が楽しめます。


P1000549.JPGP1000550.JPG
posted by TOMO at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

施肥

3月になりました。

例年より暖冬で暖地では、花芽や葉芽が動きだしたのも有ると思います。

2月から3月が施肥の時期になります。

ブルーベリーは花と葉が一度に出てくるのでこの時期に施肥しますが、他の果樹より肥料は少なくても育ちます。
逆に多すぎると弊害の方が多くなるようです。

肥料は別に何でも良いのですが、石灰などPHをあげる物が含まれるのは良く有りません。

肥料の項で書きましたが、他の花や果樹に使っている玉肥等でも良く、玉肥の場合鉢植えでは鉢の号数の三分の一程度で良いようです。

ただし玉肥等にはブルーベリーが必要とする微量元素(マグネシウム、鉄分)等が含まれていないのもありますので、別に施肥する必要が有ると思います。

近頃はこれら微量元素が含まれたブルーベリー専用の肥料が売られているので、これが使いやすいでしょう。




これはプロトリーフのブルーベリー専用の肥料です。
酸性を好むブルーベリー用に酸性にされています。700gで478円




こちらは花ごころのブルーベリー専用の肥料で、これも酸性に作られています。700gで378円


どこにでも置いている肥料にマグアンプKが有ります。
このマグアンプは化成日肥料ながら緩行性で小さな苗には多くやりすぎても肥料当たりせず、有機肥料より根ぐされも少ないようです。

マグアンプには大中小が有り、大粒は二年間も肥効がある為、一年分を一度に与えると来年の冬も日料が切れなくなってしまいますので、中粒の方が良いでしょう。



ただしこのマグアンプは用土をアルカリにする作用がある為、長期間使い続けるのは良く無いようですが、苗が小さい内は一番良いかも知れません。
posted by TOMO at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

剪定時期。

しばらく休んでしまいましたが、実際の所冬場は水切れを起こさない程度に水遣りする位しか、する事がありません。

今年は記録的な暖冬で、花芽が動き出した物や葉芽が動き出した物が見られます。

狂い咲きは毎年のことですが、こんなに温かいとこの先心配になります。

私は先日から畑に作った小さなビニールハウスで接木を始めました。

ビニールハウスなどがない場合は、四月頃にするのですが。

しかし暖地では接穂や挿し穂を、そろそろ採る時期になってきました。

初めて栽培し始めた方で、一年生苗の場合は剪定の必要は有りませんが二年生苗で、50cm前後のシュートがある場合は三分の一程度先端を切り詰めると良いようです。

プロの農家の場合は二年生苗の植え付け時に半分に剪定するのが当たり前らしいです。

50cm程度ではまだ小さくもったいないように思えるのですが、そのままにしておくと先端付近の芽が詰まっていて新しい枝が車枝と呼ばれるような先端付近に固まったて茂る事が多く樹形が悪く似るばかりか、成長にも影響する事もあります。

剪定すると強い枝が出る事が多く先端付近から出た枝を上に誘引すると良く成長します。

この時期を過ぎてもう少し温かくなると剪定した切り口から樹液が流れだしたりするので、余り遅くならないようにしましょう。

剪定した枝は、10cm位の長さにしてラップなどで包み冷蔵庫で3月ころまで保管します。
ただ暖地では、剪定してすぐに挿し木にしても大丈夫です。

寒地では、挿し木床が凍ってしまい、霜柱などで持ち上がり抜けてしまいます。
ただ凍っても問題なく温かくなると芽が出てきますが、水を切らすと枯れますので気をつけましょう。

どちらにしてもこの時期葉を落としてまるで枯れているかのように見えますが、水切れには気をつけましょう。
posted by TOMO at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

冬の管理

P1000423.JPG寒くなってきました。

ハイブッシュは紅葉から葉が落ちてしまった物も有ります。
私の所では、ほとんどのラビットアイも紅葉しています。

今朝は初氷も張りこの冬一番の冷え込みでした。
これからの時期はしばらく休眠に入るのですが、時々水が切れていないかチェックしながら見守る事になります。
いくら休眠期とは言え完全に水切れを起こすと枯れてしまいます。
夏のように一日で枯れこむと言うことはありませんが、気をつけましょう。

冬には鉢ごとカチカチに凍る事もありますが、全く問題ないようで春になればちゃんと芽吹きますので、外に出しっぱなしで大丈夫です。


私の所では、ブルーベリー畑の拡張の為、チップが大量に運び込まれています。
写真の左側黒っぽく見えるのがチップで右側のチップに比べ細かく繊維状のものまで含まれて居ます。
30cm〜40cm位の厚さに均してから畝を作ってピートモスを混ぜて植え付けます。
土は使いません。チップに直接植えつけます。

一部の大鉢ではこのチップを使って鉢栽培の予定です。
posted by TOMO at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

シャシャンボ

接木の事を調べていると、日本の野生ブルーベリーとも言えるシャシャンボを台木にハイブッシュを接ぐことが出来るのが分かりました。

実際に研究されていて中々良い成績のようです。

日本の山野に自生しているシャシャンボなので、あまり土を選ばず育てられ、営利栽培に有望なのではと思われているようです。

全国に自生しているようですが、実際にはかなり少なくなっているようで近くでは見た事がありません。



これは楽天で見つけたシャシャンボで、説明書きを見るとツツジ科スノキ属、常緑低木。 樹高は2〜5m。 花期5〜7月  果期9〜11月 
となっています。

ブルーベリーより高い位なのですが、その内1本買って挿し木で増やして見たいと思います。
posted by TOMO at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

ブルーベリーの接木方法

今後、ブルーベリーも接木が多くなるだろうと以前に書きましたが、素人でも確率は低くなっても接木は可能です。

私も昨年から実験的に始めましたが、8割位は生きています。
中には成長しないものもありますが。

姉妹サイトである、TMCのブルーベリーの方の掲示板にインパルスさんが書き込みして頂ました。
苗木の生産者の方で、名前からブルーインパルスシリーズを生産されているの方ではと思います。

こちらのサイトは初心者の方に見ていただけたらと作ったサイトなので、今は必要ないかも知れませんが、参考に。


ここから、

接木は、ビニールハウス等あれば一月中旬〜四月上旬頃までOK,台木は、タバコぐらいの太さの物を使用、穂木はそれよりも少し細い物を、また穂木の頭の切り口には、癒合剤を塗ります。

(台木は、ハウスに先に入れておき、穂木より生育を進めておく) 成功のコツは台木と穂木の形成層を、しっかり合わせることです。

穂木は、日に当てなければ二時間位は、大丈夫ですよ。(でも、なるべく早く接木してね。)

ハウスで接木を育てる場合の注意点は、温度を35度以上、上げないことです。
露地で接木を育てるなら四月になってからでしょう。

うまくいけば、秋には1M位にはなります。

との事です。


接木は割り接ぎか太ければ合わせ接ぎどちらでも良いようです。
形成層とは、皮のすぐ下の緑色の部分です。
鋭利な刃物を使用して断面を潰さない事。
接いだ部分に水が入らないようにする。

後は、台木が元気な事、これが大事。

機会があればチャレンジして見てください。
posted by TOMO at 23:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

一年生苗の花芽

DSCN1770.JPGDSCN1772.JPGDSCN1767.JPG

写真はみんな一年生苗ですが、ごらんのように花芽が付いています。
今年初めて買われた苗もこのように花芽が付いている物が有ると思います。

出来れば一年生苗の場合、花芽を落とした方が来年の成長は良くなります。

今花芽を落としても良いのですが、春までに取り除いた所から脇芽が出る事があります。
二枚目の写真の花芽の脇に付いているの小さい芽が脇芽です。
このような脇芽が出る事が良くあるので、来年になってから落とすか、今落として脇芽が出てきた時点でもう一度落とすようにします。

しかしせっかく育てているので、実を食べて見たいですよね。
一年生苗の場合は、花芽の数を二個程度残して、実を収穫するのも次の年に向けて良い励みになると思います。

もし花芽を残すなら、下枝の花芽を残すようにします。
写真左のような苗の場合、上に伸びている枝の花芽は落とします。
下枝はいずれ剪定する事になるので問題ないのですが、上に伸びる枝に花芽を残すと、それ以上枝が伸びなくなりますので、伸ばしたい枝の花芽は取り除くようにするのが良いと思います。
posted by TOMO at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

ブルーベリーと害虫

栽培を始めたようと思ったきっかけの一つに害虫が少ないと言う情報が有りました。

しかし実際栽培を始めると、他の果樹とあまり変わらず、やはり害虫は付きました。

まず一般的なもので、アブラムシ。
これは初夏から新梢に付きますが、沢山付いたら取るくらいで大した害は無いようです。

アブラムシと良く似た症状奈のですが、もっとひどいのがアザミウマで肉眼では見つけ難いのですが、こいつにやられると新葉が成長せず縮んでしまい、新梢自体の成長が止まってしまいます。
このアザミウマは丁度実が生る時期と重なる為、薬剤が使い難いのが難点です。
今年は、ガーリックバリアーと言う忌避剤の使用で、被害は少なかったのですが、雨が多い梅雨時期には有効では有りません。

昨年から被害が多くなってきたのは、シャシャンボツバメスガと言う蛾が、新梢に卵を生みつけ、新梢が枯れてしまう害が多発しました。
これは成長に大きく影響を及ぼします。
これも忌避剤で少しは減らす事が出来るようですが、まだ使い始めたところなのでこれからです。

今年大発生したのは、イラガの幼虫でほっとくと葉をすべて食われ、丸裸になってしまいます。
しかし家庭では毎日観察しているとすぐに見つかるので、すぐに捕れば問題ないでしょう。

ブルーベリーにとって一番厄介なのは、コガネムシの幼虫です。
コガネムシがピートモスに卵を産みつけ、孵った幼虫が根をすべて食べてしまいます。
土の中に居るので中々見つける事が出来ず、調子が悪いなと思ったら根元がグラグラしていないか確認してください。
ぐらついているようならコガネムシが居る確率が大きいです。
すぐに鉢から抜いて幼虫が居ないか確認しましょう。

その他には葉巻き虫や尺取り虫が付きますが、良く見ると発見できるので、見つけたら取り除けば問題有りません。
posted by TOMO at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

地掘り苗

小さな苗は鉢植えで売っていますが、大きな苗の場合地掘り苗を麻布などで根巻きして売られている事が多いようです。

このような苗の場合、このまま植え付けると成長が悪くなってしまいます。
大苗の場合、もっと根域は広いはずで、おそらく直径50cm以上伸びていたはずです。

掘り上げた時に、直径20cm程度に根が切り詰められています。

このような苗は根に付いた土を洗い流して、根の回りにピートモスたっぷり入れて植えると根が出やすくなります。

そして出きれば1年実を付けないようにすると次の年からは沢山実を付けてくれるでしょう。

ハイブッシュの場合は特に実は1年我慢しましょう。


完熟果は最高においしい ラビットアイ系ブルーベリー “ティフブルー” 5年生大苗
posted by TOMO at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

用土を考える

栽培用土でも書きましたが、現在ブルーベリーの栽培ではピートモスが必須に成っています。
現在これに変わる用土は無いと言っても過言では有りません。

まず第一に酸性で有る事。
それに価格が安い(6cfの大袋ほぐせば300Lの場合)一般の栽培用土で安売りの品でも14Lで200円ほどします。
そして何よりブルーベリーの根にとってやさしく保水性にも優れています。

ブルーベリーは非常に水分を必要とする反面、過湿に非常に弱くこのピートモスの使い方に留意をする必要が有ります。

栽培用土で紹介した物はその辺りを考えて作っていますが、それでも完璧とは言えないように思います。

栽培を始めた頃、ピートモス100%で栽培していました。
ピートモス100%で育てると一年目は非常に良い成長を見せます。
ところが二年目になると一変し、調子を崩す事が多く成ります。
これは、ピートモスにはわずかですがチッソが含まれている事と、最初は通気性も良い物と思われます。

しかし二年目には根が張る事により通気性が悪くなる上にピートモス自体も分解が始まり、余計に通気性が悪くなるのではと考えられます。

これを防ぐには通気性に優れる物を混ぜて、水遣りに注意して過湿に成らないようにする事です。
鉢植えの場合、鉢の重さで水やりの量や間隔を調整するようにします。

ブルーベリー愛好家の多くは、この用土を試行錯誤しています。
現在分かって来た事は、とにかく通気性を確保するのが一番と言うことです。
私も畑ではチップ栽培をしていて、かなり良い感触を感じています。
もちろんチップにピートモスを混ぜているのですが、ピートモスなしでも良く育つと言う報告も得ています。

鉢植えでもチップだけで十分育つようで、この辺りをもう少し検証していきたいと思います。
posted by TOMO at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

ピートモス

P1000400.JPG
写真が私の使っているピートモスです。

私は輸入元まで取りに行くので、税抜き1,650円と園芸店で買うより1,000円ほど安く変えます。
6cf(6キューブフィート)で圧縮状態で170L入りで、ほぐせば二倍になるそうです。

大きくて重いです。
園芸店で高いのは、大きく重いゆえ運賃がかさむ為と思います。

家庭ではこんなに要りませんが、趣味が高じて沢山の品種を育てるとこれを買った方が安く付きます。

posted by TOMO at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

紅葉

DSCN1258.JPGDSCN1259.JPG

ブルーベリーは落葉樹で秋には紅葉します。

紅葉はハイブッシュの方がきれいで、ラビットアイやサザンハイブッシュの中にはあまり紅葉しない物も有ります。

紅葉は気温はもちろんですが、肥料と密接に関係していて、早く肥料が切れた物は早く紅葉します。
その他、何らかの原因で根が傷んだ時にも早く紅葉します。

逆に肥料が切れない場合は、ハイブッシュでも紅葉が遅れ、黒っぽい紅葉となります。
ラビットアイの一部やサザンハイブッシュの一部は肥料が切れなかった場合、紅葉もせず落葉もほとんどしない事が有ります。

写真は昨年12月の写真です。
写真左はラビットアイで、鉢植え、地植えとも同じ品種ですが、肥料の切れ具合でこれだけ差が出ます。

右はハイブッシュです。
posted by TOMO at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

シュートとサッカー

この時期、ハイブッシュは紅葉が始まり、ラビットアイも肥料の切れた物は紅葉が始まります。

肥料が切れない物は、ハイブッシュでもまだ青々としていて盛んにシュートを伸ばしている物も有ると思います。

あ、シュートの説明はまだだったかな。

シュートと言うのは、根元に近い所から出る新梢の事で、主幹となる物で勢いが強く春から夏に出るシュートはラビットアイでは一気に2m位まで伸びる事が有ります。

これに対して同じ新梢では有りますが、根元から離れた所から出るのはサッカーと呼びます。
サッカーは、幹から出るのではなく地下茎から出てきます。
サッカーかシュートかは根元を掘って見なければ分からない事があります。
サッカーだと思っていたのが掘って見ると幹から出ていたと言う事が良くあります。
サッカーが出るのは、ラビットアイの方が多い多いようで、根が付いているようなら冬に切り離せば、苗の出来上がりです。

今出ているシュートは秋シュートで肥料が良く効いていると冬まで延び続ける事が有り、霜などで冬に柔らかい先端が枯れたりします。

ですから肥料は寒くなる前に切れる必要があります。
栽培地域の気候に合うように肥料を調整しなければいけない訳です。

と言う事は、苗を買ってきて植え替えしても今の時期は、肥料を与えないようにします。
肥料を与えるのは春の芽が動き出す前に与えます。
それまでは用土が乾燥しないように水遣りだけにしましょう。

もし秋シュートが勢い良く伸びているようならそれはそのままにしておいても冬に先端が枯れるだけで春になれば、枯れた所の下辺りから又成長するので心配はありません。


posted by TOMO at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

ブルーベリージャム

前にサプリとしてのブルーベリーを紹介しましたが、以前からブルーベリーと言えばやはりジャムですね。
ブルーベリージャムはおそらく知らない人はいないのではと思います。

私も、その一人で栽培を始めるまではジャム位しか知りませんでした。
栽培を始めたのは、ジャムが美味しいから果実も美味しいだろうと思ったのも理由の一つでした。
私が、趣味はブルーベリーの栽培だと言うとほとんどの方がジャムにするのと言います。
みんな生果なんて食べた事が無いんです。

栽培一年目の収量はジャムにするほど無く、ブルーベリー園に勉強がてら摘み取りに行き、そのブルーベリーでジャムを作りました。
その味は、市販のジャムの何倍も美味しく感じました。
今までは、ブルーベリーよりゲル化剤の方が多い代物だったので、無理も有りません。

3年前に、一年生苗を地植えしたホームベルとティフブルーは今年どれも1キロ以上の収量が有りました。同じ時期鉢植えで育てた物は、三分の一ほどと大きな差が有りました。
ラビットアイなら2本も有れば、地植えで育てると数年で、ジャムが出来るようになるでしょう。

ここに紹介するのは、TMCのブルーベリーでリンクしている「ブルーベリーの村」の国内産ブルーベリーを100%使ったジャムです。
下で紹介しているのは楽天ショップでの物ですが、直接ブルーベリーの村で買った方が安いようです。
最近注目のブルーベリーがたっぷり! 福岡「ブルーベリーの村」福岡県産ブルーベリージャム3本

こちらはブルーベリーと三温糖だけで作ったジャム。
【ブルーベリー・三温糖だけで作った】三温糖ブルーベリージャム(280g)

買って見ないと味は分かりませんが、自分で作るのが一番ではないでしょうか。好みの甘さに調整出来るし。
自家製ジャムを目指して栽培しませんか。
posted by TOMO at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

接木2

昨日接木苗を紹介しましたが、接木苗の情報を頂きました。

愛知県の方に朗報です。
JAグリーンセンター各店で、ブルーインパルスシリーズと言う名前で接木苗が1,980円から売られているそうです。(朝日が丘店、高蔵寺店、春日井不二店、日井中央店など)

その他ネットで、宝塚朝日園、那須高原ブルーベリー園、FLOWERGARDEN BLACKBAMBY タカラズカ・ウェブの宝塚ブルーベリー農園、陽春園、岐阜緑園(ヤフオク)などでも売られています。

これらを見ると同じ生産元の苗が結構多そうです。
まだ接木苗の生産者は多くは無いようですが、来年からはもっと増えて来るでしょう。
でも値段的には、手間から言って大きくは下がらないのではと思いますが、さてどうなるでしょう。
posted by TOMO at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

接木苗

ハイブッシュはラビットアイに比べ栽培が少し難しい事は書きましたが、今年に入ってラビットアイにハイブッシュを接木した物が売られるようになりました。

これは昨年まで無かった事なのですが、この秋苗の時期になり急に出てきました。

私も昨年初めて接木をし、今年十数本接木をしてみました。
結果は、未熟な為、7割から8割程度の成功率ですが、美味く接木出来た物は非常に良い成長を見せています。

一般果樹では接木は当たり前の事なので、これはなるべくして成ったのでしょう。

接木により鉢植えでも地植えでもハイブッシュの栽培がしやすくなるのは喜ぶべきことでする

売られている値段も思ったより高くなくお勧めです。
まだ売られている場所は限られているようですが、紹介します。

ブルーベリー アーリーブルー 接木苗

北部ハイブッシュ早生種のアーリーブルーは大粒の早生種として有名ですが、暑さに弱く栽培の難しい品種でした。接木により暑さに負けなく成るのではと期待できます。


ブルーベリー ダロー 接木苗

北部ハイブッシュ晩生種の大粒で有名なダローです。


ブルーベリー サザンオニール 接木苗

サザンハイブッシュのオニールです。大粒で酸味が少なく甘い品種です。

このほかにも色々な品種がでていますが。今回紹介した物は予約販売となっていたので、現在在庫が有るかは問い合わせしないと分かりません。
posted by TOMO at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

マルチ用チップ

後日、栽培用土についてまとめようと思っていますが、今日ネットで安いマルチ用チップを探していてよさそうな物を見つけました。

写真をクリックすると詳しいことが書いてありますが、競走馬の敷料を堆肥にした物でもちろん馬糞なども混じっている為窒素も含まれていると思います。

かなり細かいチップなのでマルチだけでなくピートモスに混ぜて用土としても使えるのではと思います。

価格も20Lで税込み441円と安く、他のガーデニングチップと見た目はかなり違いますが、小さな鉢には使い易そうです。

4袋セットは送料が無料になっていてかなりお得では無いかと思います。
ただチップが小さい為、ベラボンなどココチップのように風で飛ばされる恐れがあります。

馬堆肥20リットル

posted by TOMO at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。