Google

2006年11月19日

ブルーベリーの接木方法

今後、ブルーベリーも接木が多くなるだろうと以前に書きましたが、素人でも確率は低くなっても接木は可能です。

私も昨年から実験的に始めましたが、8割位は生きています。
中には成長しないものもありますが。

姉妹サイトである、TMCのブルーベリーの方の掲示板にインパルスさんが書き込みして頂ました。
苗木の生産者の方で、名前からブルーインパルスシリーズを生産されているの方ではと思います。

こちらのサイトは初心者の方に見ていただけたらと作ったサイトなので、今は必要ないかも知れませんが、参考に。


ここから、

接木は、ビニールハウス等あれば一月中旬〜四月上旬頃までOK,台木は、タバコぐらいの太さの物を使用、穂木はそれよりも少し細い物を、また穂木の頭の切り口には、癒合剤を塗ります。

(台木は、ハウスに先に入れておき、穂木より生育を進めておく) 成功のコツは台木と穂木の形成層を、しっかり合わせることです。

穂木は、日に当てなければ二時間位は、大丈夫ですよ。(でも、なるべく早く接木してね。)

ハウスで接木を育てる場合の注意点は、温度を35度以上、上げないことです。
露地で接木を育てるなら四月になってからでしょう。

うまくいけば、秋には1M位にはなります。

との事です。


接木は割り接ぎか太ければ合わせ接ぎどちらでも良いようです。
形成層とは、皮のすぐ下の緑色の部分です。
鋭利な刃物を使用して断面を潰さない事。
接いだ部分に水が入らないようにする。

後は、台木が元気な事、これが大事。

機会があればチャレンジして見てください。
posted by TOMO at 23:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。